睡眠の質を低下させる原因

睡眠の質を下げる原因

 

人には適切な睡眠時間があるのをご存知ですか?10時間寝てもまだ足りない人もいれば、1日たったの4時間睡眠でフル活動できてしまう人もいます。

 

上記の例は少し珍しいレアの体質ですが、人によって6~8時間程度は1日に必要な睡眠時間が変わってきてしまうことすらあるのです。

 

元々の体質以外に必要な睡眠時間が多くなる理由の1つは睡眠効果が低いことにあります。ほとんど人は自分の行動内容が睡眠効果を下げていることを理解していないのです。

 

しかし、これを知っておくことで、睡眠の質が高まり、少しでも短い眠りの時間で活動できれば、人生を楽しめる時間が増えることになります。

 

睡眠を邪魔する食べ物

 

睡眠の効果を高めるためには眠りを遠ざける食品を避けることがポイントになります。

 

まず皆さんすでにご存じのカフェインです。コーヒやチョコレートに多く含まれている成分ですね。

 

それと意外とあまり知られていませんが、緑茶、紅茶、コーラー、アップルティーなどにも含まれているの注意が必要です。

 

しかし、カフェインは1日中摂取してはいけない成分ではありません。寝る4~5時間前を避ければカフェインを取っても特別支障はないはずです。

 

次に睡眠効果があると勘違いされがちなお酒やたばこです。この2つも寝る前に摂取すると睡眠の質を大幅に下げますので、注意が必要です。

 

お酒の場合、入眠は簡単にできますが、途中で起きたりと浅い眠りになってしまいますので、最終的にデメリットの方が多いので、おすすめできません。

 

寝る前に刺激を与えない

 

テレビ、スマホ、携帯、漫画などを見た直後に眠ろうとすると興奮状態が続きなかなか眠れない原因になることがあります。

 

またテレビ、PC、スマートフォン、携帯の画面の光は睡眠に重要なメラトニンの分泌を抑制してしまいますので、寝る前は避けた方が無難です。

 

日本人はテレビを見ながら寝る方が多いようですが、睡眠の質を考えるとおすすめできません。

 

寝床についたら眠ることだけに専念するべきなのです。

スポンサードリンク

睡眠効果を下げる記事一覧

酒やアルコールが睡眠の質を下げている?実は不眠症対策として行われている手法で多いのが寝る前に飲酒するという方法です。驚くことに不眠の症状のある人の解決策として、医療機関の治療・睡眠薬の服用を上回っているのが「寝酒」なのです。寝る前に酒を飲むと本当に寝れるのか?精神的に不安定になったり、ストレスを抱えると睡眠の質が落ちます。これの対応としてアルコールの摂取は有効なのか?適切な量であれば有効な方法にな...

タバコと不眠症の関係寝る前に喫煙すると睡眠効果が高まるって本当?よくタバコを吸う人で「気持ちが落ち着く」、「ストレス解消になる」などと喫煙するメリットを話す人がいます。中にはタバコを吸うことで睡眠効果が上がると思っている喫煙者もいるくらいです。しかし、これは実は大きな間違いです。就寝前にタバコを喫煙すると睡眠効果が下がります。タバコにはニコチンによる多数の作用があるのは皆さんご存知だと思います。実...

歯ぎしりと不眠症歯ぎしりが齎す睡眠への悪影響と不眠症との関連性を紹介します。噛むと集中力が上がる・脳が活性化されるなどして、野球のメジャーリーガーや日本のプロ野球選手でもガムを噛んでいる方は多いです。実は歯ぎしりをすることで、脳が刺激され、興奮状態になってしまい、目が覚めてしまうことがあります。つまり、歯ぎしりが原因で脳が十分な休息を取ることができずに、寝ているのに疲労を回復できない現象が起きるこ...

中途覚醒中途覚醒とは不眠症の1種に当てはまることがあり、入眠にはそれほど時間はかからず寝つきは良いのだが、夜中に何度も目が覚めてしまう睡眠障害です。症状の特徴としては眠りに付いた後、2~4時間程度で目が覚めてしまいます。人によって異なりますが、2時・3時など毎日決まった時間に目が覚めてしまうことが多いです。その後すぐに寝れるタイプは不眠症にならないケースが多いが、悪夢などが原因で中には一度目を覚ま...