夫婦の睡眠不足

夫婦の関係で不眠症になることも?

 

一般的に結婚後に精神的な病になりやすいのが、女性の方と言われています。もちろん、男性の方も環境の変化から不眠症・うつ病など精神的病になるケースもあります。

 

女性が不眠症・うつ病などの症状が出やすい原因となっているのが、出産、育児、姑との関係の3つが多いと言われています。

 

また、うつ病から不眠症になるケースも多いので、注意が必要です。

 

妊娠と不眠症

 

女性は妊娠すると初期・中期・後期共に不眠症に悩まされることが多いようです。

 

初期段階では寝付けないというより、長時間寝ても、日中に眠気が襲う症状が多いようです。その理由は「プロゲステロン」と呼ばれるホルモンが昼間に多く分泌されやすくなるからと言われています。

 

プロゲステロンが増えることによってもう一つの女性エストロゲンの分泌が減ります。さらに副作用として頭痛、イライラ、ストレス、ニキビ、肌荒れ、精神的不安などを引き起こします。

 

妊娠中期になると初期に比べて日中の眠気は治まりますが、精神的な不安要素から眠れない妊婦も多いようです。

 

妊娠後期になると今度はエストロゲンの女性ホルモンの分泌が活発になり、プロゲステロンの分泌量が低下します。

 

エストロゲンが優位の状態になることによって、なかなか寝られない(入眠困難)、夜中に何度も目覚める(中途覚醒)、グッスリ眠れない(早期覚醒)など不眠の症状が現れることが多くなります。

 

妊娠期間中では後期が一番は不眠症や睡眠トラブルに合う方が多いと言われています。

 

育児ノイローゼ

 

育児ノイローザから不眠症・鬱病の症状が出やすい方の特徴として旦那(夫)が育児の非協力的又は母親が完璧主義者であるケースが多いです。

 

育児の悩みは誰でも持っていますので、1人で抱え込まないでママ友達・両親・夫などに相談することをおすすめします。

 

子育てするママさんが不眠症やうつ病になってしまうと、子育ての環境が悪化してしまいます。我慢せずにストレスを溜め込まないように工夫しましょう。

 

姑との関係

 

最近ではだいぶ減ってきましたが、まだまだ結婚してから夫の実家で共同生活する家族もあるようです。昔から嫁と姑は敬遠の仲と言われていてトラブルが多いです。

 

実は嫁と姑のトラブルに無関心な夫が多く、被害を大きくしてしまっているケースが多いので、夫は妻の悩み・母親の悩みを聞いてあげて、仲介役になってあげると良いでしょう。

 

休息サポートサプリメント

 

妊娠、夫婦の関係などで不眠症・睡眠障害、うつ病など精神的病で睡眠に不満・悩みを抱えている女性・男性に人気のサプリメントです。

 

 

スポンサードリンク

夫婦と不眠症記事一覧

妊娠初期・後期と睡眠の関係妊娠すると急に精神的に不安定になり、不眠症・鬱病の症状が出る人が多く、妊婦さんの悩みの種になっています。今日は眠れない・不眠症の毎日が続く方が多いと言われている妊娠初期と妊娠後期の睡眠について紹介していきます。また、妊娠初期・後期共に異なる不眠症の症状が出て戸惑う妊婦の方が多いので、違いについても説明していきます。妊娠初期と睡眠妊娠初期では女性ホルモンのバランスが乱れ、頭...

出産後の不眠症解消・克服女性の妊娠・出産は睡眠の関係性が深く、産後に不眠症やうつ病になる方は意外多いようです。出来ればうつ病になる前に不眠症を解消・克服しておきたいところですね。その他に出産後の症状として抜け毛、便秘、乳腺炎、頭痛、目の乾き(ドライアイ)などの症状が出ることもある用です。産後に不眠症からうつ病になる人が多い!?出産後の女性の10人に1人の割合でうつ病になると言われています。これを産...

結婚後に眠れない毎日が続く理由結婚前に同居していたカップルにとってはそれほど生活環境の変化はありませんが、付き合っていた頃は別居したいたというカップルにとって結婚は形式以外に大きな環境変化があります。それが原因で不眠症・睡眠障害になる男性・女性は多いようです。特に問題になるのが夫婦の寝室です。枕やマットレスなどは人それぞれ合う、合わないがあります。しかし、結婚したてラブラブの夫婦は全てお揃いの寝具...