不眠症を解決する方法

長引く不眠症の解決対策

 

不眠症患者の解決対策で多いのは次の内一番多いのはどれでしょう?

 

A・・・医療機関で治療

 

B・・・市販の睡眠薬の服用

 

C・・・寝る前に酒を飲む

 

驚くことに一番解決策として取られている方法は寝る前などにお酒を飲みことです。実はこの3つの中で最も少ないのが医療機関に受診してもらうことなのです。

 

やっぱりお酒は睡眠に効果抜群!?と思われた方もいると思いますが、それは半分正しくて半分間違っています。

 

確かにお酒は入眠効果があり、アルコールを摂取した人は寝つきが良くなる傾向があるようです。

 

しかし、毎日アルコール成分に頼って不眠症対策をすると次第にお酒なしでは眠れない依存した体になってしまいます。

 

さらに実はアルコールの量にもよりますが、お酒は睡眠の質を下げる働きがあると言われています。

 

睡眠には深い眠りを表すノンレム睡眠と浅い眠りを表すレム睡眠があります。お酒を飲んだ後に寝るとノンレム睡眠の時間が減り、浅い睡眠になること多いのです。

 

また、お酒を飲み過ぎると頻尿になり、夜中に何度も目が覚めて、睡眠を妨げる要因にもなります。すぐに寝れれば特に問題はありませんが、一度起きるとなかなか寝れなくなってしまう体質の人は睡眠時間が削られ、翌日に疲労感・眠気が残ります。

 

それを毎日に続けると不眠症やうつ病を悪化させる結果になってしまうこともあるのです。そう考えるとお酒に頼って不眠症を解決しようとする試みに賛成できたモノではありません。

 

快眠・安眠を取り戻すために寝酒に頼るのは止めましょう!

 

また、寝る前のカフェインタバコ・喫煙もお酒と同じく睡眠の質を下げるので避けましょう。

 

不眠症解消のカギになるのは普段の食事や生活リズムです。不眠症対策専用のサプリメントやグッズなども販売されています。最近では非常に人気の解決策の1つのようです。

スポンサードリンク

不眠解決策記事一覧

入浴と睡眠の関係入浴には睡眠の質を上げる効果がありますが、お風呂の入り方によってメリットにもデメリットにもなります。まず、最初に睡眠にはリラックス効果があると言われています。寝る前の2~3時間前にお風呂に入る朝や夕方に入浴しても睡眠効果を得ることはできません。一般的に寝る前の1時間~2時間前に入浴のベストと言われています。入浴後すぐに就寝するのは返って交換神経が緊張してしまい、なかなか寝付けなくな...

寝る時間を一定にする毎日バラバラな時間に寝るデメリットとして挙げられるのが、睡眠障害になるリスクです。睡眠障害になると不眠症や夜中に寝ている途中に起きてしまうなど、様々な症状が出て、睡眠の質を大幅に落とす可能性があります。夜更かしによる体内時計のズレ人間には体の時間を調整する時計のような物が存在します。基本的に24周期に合うようになっているのですが、夜更かしや不眠症によってズレてしまうことがありま...

寝る前のテレビが睡眠に悪影響?テレビを見ながら眠る日本人は多いようです。しかし、寝る前にテレビを見るという行為が不眠症の原因になってしまっていることもあるのです。実は「興奮」「感動」「驚き」「怖い」「面白い」などの刺激を寝る前に与えて気持ちが高ぶってしまうのは、神経が興奮状態になり眠れない原因になります。テレビ以外でもスマートフォン・携帯、パソコン(PC)、小説・マンガ、ゲームなどはできるだけ避け...