毎日の生活リズムが睡眠に影響を?

体内時計を一定時刻にする

 

不眠症の治し方として重要になるのが、毎日の生活リズムです。

 

最近では24時間営業のお店が増え、徐々に日本は眠らない社会になってきました。

 

こうした中、日本では従来の早寝早起型に比べて遅寝遅起の生活にリズムに変わっています。

 

夜型の人間が増えて生活リズムが崩壊したが原因で不眠症患者が増加傾向にあると言われています。

 

不眠症と生活リズムの関係とは

 

人間には約24時間周期の体内時計のようなモノがあります。

 

実は毎日睡眠時間がバラバラだと、体内時刻が狂い、ホルモンバランスが崩れて不眠症の原因になっていることがあるのです。

 

それに大きく関わってくるのが自律神経です。夜更かしすると、自律神経の中にある交換神経が休むことができず、自律神経を乱したり、うつ病・その他病の原因になることさえあります。

 

ですので、不眠症だと自覚症状がある方はまず、起きる時間・寝る時間の見直しをしてみてください。

 

そこで問題があるようでしたら、規則正しい生活習慣に改善する必要があるでしょう。おすすめは早寝早起きです。

 

すぐに生活リズムを変えるのは難しいので、1日30分~1時間ずつなど自分なりに徐々にベストな睡眠時間に変えていくと良いと思います。

 

無理に眠るのは難しい人は

 

不眠症で悩んでいる人の多くは、なかなか眠れない人だと思います。

 

この場合、最初は無理に一定の時間に寝ようとするのではなく、一定の時間に起床することを意識しましょう。

 

その日は多少眠くてつらいと思いますが、徐々に慣れてくるはずです。

スポンサードリンク

生活リズムを整える睡眠・不眠症ページ

安心感のある眠り
不眠症を解消して安心感のある眠りを得る方法
不眠症のアドバイス
不眠症・睡眠不足の方にアドバイスをします。サプリメント、トリプトファン。
不眠症の自然治癒
自然治癒で不眠症を解消・治す方法を紹介します。食事、生活リズムの改善など。
毎日の過ごし方
不眠症改善のための毎日の過ごし方を紹介します。