残業時間が長いと不眠症に?

残業のストレスで不眠症

 

最近、社会問題にもなっている長時間労働、毎日の残業ですが、実はこれが原因で不眠症・睡眠障害・うつ病などの症状を引き起こす可能性があるのです。

 

残業時間危険度チェック
*1ヶ月当たり

  • 30~60時間
  • 若干多い

  • 60~100時間
  • 多い

  • 100~150時間
  • かなり多い

  • 150~200時間
  • 心身共に危険な状態

  • 200時間以上
  • うつ病・不眠症・睡眠障害のリスクが高い。ケースによって医療機関での受診をおすすめします。

 

最近ではIT企業の長時間労働による寝不足が問題になっていますが、民間以外の公務員でも残業でうつ病・不眠症になってしまう方も多いようです。

 

残業を減らす工夫

 

自分の時間が欲しい、プライベート時間を増やしたいと思うサラリーマン・OLは多いと思います。

 

しかし、時間を作るための理由は人それぞれ異なるはずです。例えば育児、趣味、デート、不眠、健康・・・いろいろあるのです。

 

ここでは残業時間を減らして自由の時間を手入れる工夫を紹介します。残業を減らすテクニックは下記の通りです。

  1. 仕事を断る勇気を持つ
  2. スケジュールを常に把握しておく
  3. 残業するのが当たり前の認識を捨てる
  4. 明日の作業内容をメモで書き留めておく
  5. 残業時間をメモしておく
  6. パソコンの知識を身に着ける
  7. 仕事をアナログからデジタルに切り替える

 

少しでも残業時間を短くして寝不足を改善しよう!

スポンサードリンク

残業で寝不足睡眠・不眠症ページ

サラリーマンの睡眠不足
サラリーマンの不眠症・睡眠不足について紹介します。
失業と不眠症・睡眠障害・うつ病
会社の倒産・失業と不眠症、うつ病、睡眠障害との関係を紹介します。
定年退職後の不眠症
定年退職後に不眠症・うつ病になる原因やなりやすい方の特徴を紹介します。
単身赴任で不眠症に?
単身赴任・一人暮らしの不安やストレスで不眠症・うつ病になる原因と解消法を紹介します。
不眠症が原因で転職
不眠症と転職の関係。環境の変化のストレス、不眠サプリ。
徹夜後のケア
徹夜後のケアと対策、徹夜仕事の作業効率の低下とアップする方法を紹介します。
バイトが原因で不眠症
夜勤のアルバイトで不眠症になる原因。概日リズム睡眠障害。
肉体労働者でも不眠症に?
肉体労働者が不眠症・睡眠障害になる原因を紹介します。
日曜の不眠症
日曜日に月曜日の仕事を考えて不眠症、睡眠障害、うつ病の症状が出る人の特徴と解消・改善策を紹介します。
パソコン・スマホが不眠症の原因に?
パソコン・PC、スマートフォンと不眠症・睡眠障害の関係性を紹介します。
無職・ニートの不眠症
無職・ニートの不眠症・睡眠障害・うつ病の原因と解消方法を紹介します。
夜勤・交代勤務の睡眠
交代制勤務の睡眠障害・不眠症について。夜勤・深夜勤務などが及ぼす体内リズムの影響を紹介します。