単身赴任で睡眠環境悪化

単身赴任をきっかけに不眠症・うつ病に!?

 

真面目で神経質の方によくある単身赴任先での不眠症やうつ病ですが、人によって生活環境がガラリと変わってしまうとすぐに対応することができずにストレスが溜まってしまう人がいるのです。

 

少しの騒音が気になって眠れなかったり、住民との些細のトラブルがストレスになったり、新しい職場・住居になかなか慣れなったりと悩み・不安を1人で抱え込んでしまうことが、精神的な病になる原因の1つと言えるでしょう。

 

慣れない暮らしが続きストレスが蓄積されると眠れない以外の症状も出ます。例えば、ろれつが回らなくなったり、仕事中に居眠りしてしまったり、疲労感・倦怠感などで常にやる気の出ない状態になることもあります。

 

一度眠れないとその後も悪循環するのはなぜか

 

単身赴任して一人暮らしが始まり、仕事場所の雰囲気も一気に代わります。「ここで結果を出さなければ!」とついつい気合いを入れるサラリーマンも多いはずです。

 

しかし、気合いややる気が睡眠に空回りしてしまうこともあります。「明日は大事な商談があるから、早く寝なきゃ!」など睡眠を意識して逆に寝れないケースもあります。

 

次の日は昨日寝れなかっただけに、睡眠に対してさらに焦りを感じます。睡眠において眠りを考える時点でリラックスした快眠・安眠を得ることは難しいでしょう。

 

このようなことが毎日のように続くと様々な睡眠障害の原因になってしまうのです。

 

一人暮らしの不安感

 

結婚前は実家暮らしで、単身赴任をきっかけに初めての一人暮らしを体験する人も中にはいると思います。

 

一人暮らしに慣れていないと、一人で寝ることに不安を感じてしまうことがある用です。

 

例えば些細な物音でも「泥棒!?」など過剰に驚きや不安を抱いてしまうのです。

 

そんな方におすすめなのは「耳栓」や「アイマスク」です。但し音が聞こえないことや・真っ暗の状態で逆に不安になってしまうようなら注意が必要です。

スポンサードリンク

単身赴任で不眠症に?睡眠・不眠症ページ

サラリーマンの睡眠不足
サラリーマンの不眠症・睡眠不足について紹介します。
失業と不眠症・睡眠障害・うつ病
会社の倒産・失業と不眠症、うつ病、睡眠障害との関係を紹介します。
残業で寝不足
残業が原因の不眠症・睡眠障害・うつ病について。残業時間を減らす工夫と寝不足の改善方法を紹介します。
定年退職後の不眠症
定年退職後に不眠症・うつ病になる原因やなりやすい方の特徴を紹介します。
不眠症が原因で転職
不眠症と転職の関係。環境の変化のストレス、不眠サプリ。
徹夜後のケア
徹夜後のケアと対策、徹夜仕事の作業効率の低下とアップする方法を紹介します。
バイトが原因で不眠症
夜勤のアルバイトで不眠症になる原因。概日リズム睡眠障害。
肉体労働者でも不眠症に?
肉体労働者が不眠症・睡眠障害になる原因を紹介します。
日曜の不眠症
日曜日に月曜日の仕事を考えて不眠症、睡眠障害、うつ病の症状が出る人の特徴と解消・改善策を紹介します。
パソコン・スマホが不眠症の原因に?
パソコン・PC、スマートフォンと不眠症・睡眠障害の関係性を紹介します。
無職・ニートの不眠症
無職・ニートの不眠症・睡眠障害・うつ病の原因と解消方法を紹介します。
夜勤・交代勤務の睡眠
交代制勤務の睡眠障害・不眠症について。夜勤・深夜勤務などが及ぼす体内リズムの影響を紹介します。