昼夜逆転で体に悪影響は?

昼と夜が逆転した生活が睡眠に及ぼす影響とは?

 

不眠症が原因で朝・昼と夜が逆転してしまうパターンと昼と夜の逆転を繰り返して眠れなくなる2つのパターンがあります。

 

特に若い時は夜更かししてでも、遊びたい年頃です。しかしそんなことを繰り返しているといろいろと睡眠に障害が出てしまいます。

 

最近では24時間営業のお店が多くなってきて、日本では夜型の人間が昔に比べて増加しているように思います。

 

その影響で昼と夜の体内時計を逆転させたくなくても、仕事の関係でやむを得ない方も多いと思います。

 

例えば工場の夜勤だったり、キャバクラ嬢などは時間が逆転しやすい職業です。時差ボケ状態の毎日が続く訳です。

 

また、不眠症になるとうつ病を発症する可能性が高まりますので、かなり注意が必要です。

 

キャバ嬢で精神的に不安定な方がやたらと多いのは勤務時間とアルコール、お客さんとのメール・電話等のやり取りによるストレスなどに関係していると言われています。

 

不眠症→うつ病のパターンは非常に多いので、夜勤で睡眠時間がバラバラになりがちの方は何らの対策を考えるべきだと思います。

 

食事は栄養バランスを考えて

 

生活リズムがバラバラな人は悪循環なのか栄養に偏った食事をしてしまいがちです。

 

バランス良く食事を取ることを心がけましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

不眠症で昼と夜が逆転睡眠・不眠症ページ

栄養不足が不眠症の原因
栄養不足や食事のバランスが悪いと不眠症の原因になる理由や睡眠に悪影響を与える秘密を紹介します。
意識すると眠れなくなる?
睡眠を意識する眠れなくなる理由と精神生理性不眠症を紹介します。
育児ノイローザで不眠症
育児ノイローゼと不眠症・うつ病の関係を紹介します。
焦ると寝れなくなる
焦りと眠れない・寝られないなど不眠症や睡眠障害の関係を紹介します。20代新入社員、プレッシャー。
不眠症の悪化原因
不眠症悪化の原因と不眠症サプリメントについて