トラウマで不眠症

トラウマで眠れない

 

過去の嫌な出来事、トラウマ、思い出したくないことなどを寝る前に考えて眠れなくなる経験を持っている男女は多いはずです。特に10代、20代より人生経験豊富や60代以降の高齢者に多いのではないでしょうか?長年生きていれば誰でもトラウマの1つや2つあって当然です。

 

トラウマを意識しすぎると、夢の中に過去のトラウマが再現され出てきたり、関連する夢を見る、悪夢でうなされるなど睡眠を妨げる症状を引き起こす可能性があります。

 

実は私も小学生の頃高いと場所から落下して骨折した経験がありました。それをきっかけに高所恐怖症になり、高い場所に行くと安全だと分かっていても、ついつい意識してしまいます。それが原因なのか、首都高で車に事故に合い海に落下する夢と高い崖から墜落する2つの悪夢を頻繁に見ます。(月に2~4回程度)やはり悪夢と過去のトラウマは何らかの関係性があるのではないかと感じています。

 

不眠症に発展することも

 

悪夢を連続で見続けると眠る行為が怖くなってしまいます。正夢になってしまうのでは?未来の予兆なのでは?など精神状態が不安定になったり、寝る時に緊張してしまうことが原因で、トラウマから不眠症に発展することも珍しくないようです。

 

トラウマを克服

 

トラウマで不眠症になってしまった人はトラウマを解消することが一番の克服の近道ですが、そんな簡単に解消できるモノだったらトラウマになんかなりませんよね。少しでも不眠症を和らげるにはできるだけ意識しないようにすることです。そのためにはリラックスできる環境つくりが大切で、アロマセラピー音楽を聞くなど工夫してみると良いでしょう。

スポンサードリンク

過去のトラウマ睡眠・不眠症ページ

失恋
失恋と不眠症・睡眠障害の関係と心のケアについて。
恋の病・片思いで眠れない
片思い・恋の病と不眠症の関係性。好きな人ができて眠れない時の克服方法。
恋人が不眠症で悩んでる
彼氏・彼女など恋人の不眠症・睡眠障害を解決する方法・プレゼント。
孤独感で眠れない
孤独感・夜一人で眠れない原因と不眠症との関係
思春期の不眠症
思春期の子供の不眠症・寝不足について