歯ぎしりが原因で起きてしまう

歯ぎしりと不眠症

 

歯ぎしりが齎す睡眠への悪影響と不眠症との関連性を紹介します。

 

噛むと集中力が上がる・脳が活性化されるなどして、野球のメジャーリーガーや日本のプロ野球選手でもガムを噛んでいる方は多いです。

 

実は歯ぎしりをすることで、脳が刺激され、興奮状態になってしまい、目が覚めてしまうことがあります。

 

つまり、歯ぎしりが原因で脳が十分な休息を取ることができずに、寝ているのに疲労を回復できない現象が起きることがあります。

 

また歯ぎしりのストレスによって不眠症・睡眠障害を引き起こす要因になる可能性もあり、さらに悪循環になるうつ病に発展してしまうことも・・・

 

歯ぎしりは本人の自覚症状が無いことが多く、家族に言われて初めて気が付くケースが多いとされています。

 

また、家族もその歯ぎしりの被害者になるケースが有ります。歯ぎしりの不快な音が気になって眠れなかったり、ストレスになってしまうこともあるのです。

 

歯ぎしりの原因とは

 

歯ぎしりはイライラ・ストレス・不安などが原因の1つと言われています。しかし、最近では睡眠時ブラキシズムや遺伝子の問題共言われています。

 

また、タバコ喫煙、アルコール、カフェインの摂取なども原因の1つと言われています。

 

歯ぎしり対策マウスピース

 

マウスピースをすれば治るという物ではありませんが、医師と相談して試してみるのも1つの手です。

 

その他、歯ぎしり対策としてはストレスを溜めこまないことです。できるだけ寝る前はリラックスした環境を作りましょう。

 

スポンサードリンク

歯ぎしり睡眠・不眠症ページ

不眠症の原因は飲酒・アルコール
不眠症・睡眠障害の原因になる飲酒・アルコール摂取について紹介します。
タバコ・喫煙
不眠症の原因になるタバコの喫煙について紹介します。
何度も目が覚める
途中で何度も目が覚める・起きる人の原因や中途覚醒と不眠症・睡眠障害との関係を紹介します。