体を動かす仕事の人が不眠症に?

肉体労働でも不眠症になりますか?

 

今回は体を使った肉体労働者不眠症をテーマに紹介していきます。不眠症と言えば肉体労働の企業の社員より、IT企業などパソコンを使ってブルーライトを浴びるような職種を思いつきます。

 

世間から見ても、おそらくホワイトカラーは精神的に辛い、ブルーカラーは肉体的に大変のイメージが強いと思います。

 

肉体労働と言ってもいろいろと種類があるようです。引っ越し、工事現場、とび職人、ごみ収集、清掃、警備員、工場勤務などなど・・・たくさんの種類があることが分かります。

 

精神的ダメージの少ないはずの肉体労働者が不眠症になる訳

 

一般的にブルーカラーの肉体労働者は事務職のサラリーマンに比べて、適度な運動量を仕事でこなすことができるので、健康的な生活を送っている人が多いように感じます。また、ホワイトカラーのサラリーマン・OLは頭を使った仕事が多いため、結構悩んだり・プレッシャーを感じて働いている人が多いですね。

 

ではなぜ肉体労働でも不眠症や睡眠障害になってしまうのでしょうか?

 

実は不眠症は仕事のストレスや不満からくるものではありません。仕事がそれほど忙しくなくて、やりがいを感じている人でも不眠症になることはあります。

 

1つの原因としては平日と休日の起床時間・就寝時間にバラつきがあることによって体内時計が乱れてしまうことです。

 

体内のリズムにずれが生じると自律神経の乱れに繋がります。これにより不眠症になるケースもありますね。このパターンに多いのは金曜日・土曜日に夜更かしして遊んでしまう方ですね。

 

2つ目の原因として考えられるのは摂取している栄養成分ですね。カフェインを寝る前に摂取するのは脳を覚醒させる原因になりますので、避けましょう。

 

また、偏った食生活や睡眠ホルモンの元になるトリプトファンが不足していることで不眠の症状が出ることもあります。

 

不眠症はどんな有意義な毎日を送っている人でもいつなるか分からない精神的な病です。適度な運動量をこなしている肉体労働の仕事をしている人でもなる可能性は十分あるのです。

スポンサードリンク

肉体労働者でも不眠症に?睡眠・不眠症ページ

サラリーマンの睡眠不足
サラリーマンの不眠症・睡眠不足について紹介します。
失業と不眠症・睡眠障害・うつ病
会社の倒産・失業と不眠症、うつ病、睡眠障害との関係を紹介します。
残業で寝不足
残業が原因の不眠症・睡眠障害・うつ病について。残業時間を減らす工夫と寝不足の改善方法を紹介します。
定年退職後の不眠症
定年退職後に不眠症・うつ病になる原因やなりやすい方の特徴を紹介します。
単身赴任で不眠症に?
単身赴任・一人暮らしの不安やストレスで不眠症・うつ病になる原因と解消法を紹介します。
不眠症が原因で転職
不眠症と転職の関係。環境の変化のストレス、不眠サプリ。
徹夜後のケア
徹夜後のケアと対策、徹夜仕事の作業効率の低下とアップする方法を紹介します。
バイトが原因で不眠症
夜勤のアルバイトで不眠症になる原因。概日リズム睡眠障害。
日曜の不眠症
日曜日に月曜日の仕事を考えて不眠症、睡眠障害、うつ病の症状が出る人の特徴と解消・改善策を紹介します。
パソコン・スマホが不眠症の原因に?
パソコン・PC、スマートフォンと不眠症・睡眠障害の関係性を紹介します。
無職・ニートの不眠症
無職・ニートの不眠症・睡眠障害・うつ病の原因と解消方法を紹介します。
夜勤・交代勤務の睡眠
交代制勤務の睡眠障害・不眠症について。夜勤・深夜勤務などが及ぼす体内リズムの影響を紹介します。