日曜日は憂鬱で眠れない

明日の仕事を考えて眠れなくなる

 

平日は特にグッスリ眠れるのに、休みの日が楽しかったのか、月曜日の仕事の出勤を考えて、日曜日限定で眠れなくなる働くサラリーマン・OLがいます。

 

日曜日の夜にドラマやテレビ番組を見て、「今日で休みが終わりか~何か憂鬱だな~」と感じるのは、ほとんどの社会人に共通して言えることです。

 

しかし、日曜日限定で不眠症・睡眠障害・うつ症状が出るのは極一部の人でしょ?と思うかもしれませんが、実は結構割合的にも多いのです。

 

私の知っている人だと、高卒・短大卒・大卒で新入社員になった20代や30代など若い世代に多いですね。

 

中には管理職の40代、50代の方でも日曜日に憂鬱になると話す人がいます。

 

日曜日だけ不眠症の特徴

 

月曜日~土曜日は睡眠に問題はないのになぜか日曜日だけ不眠症になってしまう人の特徴は下記の通りです。

  • 金曜日・土曜日・日曜日が楽しすぎて働きたくなくなる
  • 仕事の上司・部下・同僚と上手くコニュニケーションが取れていない
  • 月曜日に責任重大の仕事が待っている
  • 平日の仕事が毎日のように残業
  • 金曜日に仕事で失敗した
  • 仕事・業界に面白さを感じていない
  • 仕事をしている時に常に緊張・プレッシャーを感じている

 

これらの条件を見てみると、仕事に対してやりがいを感じていない方、労働環境の悪いブラック企業の方に当てはまることが多いように感じます。

 

また、最近では待遇が良いとされている公務員ですら、月曜日を考えると日曜日が憂鬱になってしまう人が増えているようです。

 

日曜の睡眠対策は

 

眠れない理由は明日(月曜)の仕事を考えてしまい、ストレス・神経が緊張してしまっていることが挙げられます。

 

解決対策・解消としては寝室環境をできるだけリラックスできるように、枕、マットレス、布団などの寝具を変えてみたり、睡眠効果があるとされるトリプトファンを多く含む食品を食べたり・飲んだりすることです。

 

最近ではトリプトファンをサプリメントで摂取できるようになったので、毎日の献立に悩む必要も依然ほど無くなりました。

スポンサードリンク

日曜の不眠症睡眠・不眠症ページ

サラリーマンの睡眠不足
サラリーマンの不眠症・睡眠不足について紹介します。
失業と不眠症・睡眠障害・うつ病
会社の倒産・失業と不眠症、うつ病、睡眠障害との関係を紹介します。
残業で寝不足
残業が原因の不眠症・睡眠障害・うつ病について。残業時間を減らす工夫と寝不足の改善方法を紹介します。
定年退職後の不眠症
定年退職後に不眠症・うつ病になる原因やなりやすい方の特徴を紹介します。
単身赴任で不眠症に?
単身赴任・一人暮らしの不安やストレスで不眠症・うつ病になる原因と解消法を紹介します。
不眠症が原因で転職
不眠症と転職の関係。環境の変化のストレス、不眠サプリ。
徹夜後のケア
徹夜後のケアと対策、徹夜仕事の作業効率の低下とアップする方法を紹介します。
バイトが原因で不眠症
夜勤のアルバイトで不眠症になる原因。概日リズム睡眠障害。
肉体労働者でも不眠症に?
肉体労働者が不眠症・睡眠障害になる原因を紹介します。
パソコン・スマホが不眠症の原因に?
パソコン・PC、スマートフォンと不眠症・睡眠障害の関係性を紹介します。
無職・ニートの不眠症
無職・ニートの不眠症・睡眠障害・うつ病の原因と解消方法を紹介します。
夜勤・交代勤務の睡眠
交代制勤務の睡眠障害・不眠症について。夜勤・深夜勤務などが及ぼす体内リズムの影響を紹介します。