妊娠中は眠れなくなる?

妊娠初期・後期と睡眠の関係

 

妊娠すると急に精神的に不安定になり、不眠症・鬱病の症状が出る人が多く、妊婦さんの悩みの種になっています。

 

今日は眠れない・不眠症の毎日が続く方が多いと言われている妊娠初期と妊娠後期の睡眠について紹介していきます。

 

また、妊娠初期・後期共に異なる不眠症の症状が出て戸惑う妊婦の方が多いので、違いについても説明していきます。

 

妊娠初期と睡眠

 

妊娠初期では女性ホルモンのバランスが乱れ、頭痛、つわり、便秘、ストレス、イライラ、貧血、腰痛、頻尿などの症状が出ます。これらが原因で眠れない・寝つきが悪い・グッスリ眠れないなどの不眠症になる妊婦の方もいますが、実は妊娠初期の女性ホルモンの分泌が睡眠と大きく関わっています。

 

妊娠初期の段階では女性ホルモンの1つであるプロゲステロンの分泌が過剰になります。逆にもう一つの女性ホルモンであるエストロゲンの分泌は初期では控えめになっています。

 

プロゲステロンの分泌が多くなることで、妊婦さん体温を上昇させ日中に眠気が襲います。

 

夜の睡眠には影響なく、眠れる方が多いよですが、体温が上昇したことが原因で体がほてり、逆に眠れなくなってしまう女性も多いようです。これにより、眠いのに寝れない状態や夜中に頻繁に目を覚ましてしまうことがあります。

 

妊娠後期と睡眠

 

最も妊娠中に不眠症など睡眠障害になりやすい時期と呼ばれているのが後期段階です。

 

妊娠後期では初期と真逆でエストロゲンの分泌が増え、プロゲステロンの分泌量が低下します。

 

あれ?プロゲステロンが減少したのだから不眠症の症状は良くなるのでは?と思う方も多いようですが、むしろ逆です。寝付きが悪い状態は悪化します。

 

実はエストロゲンには眠りを妨げる作用がたくさんあります。これにより、寝床に入ってもなかなか眠れない(入眠困難)、夜中に尿などが原因で頻繁に起きる・その後なかなか寝られなくなる(中途覚醒)などの症状が多く見られるようになります。

 

妊娠中に熟睡するには

 

生まれてくる赤ちゃんのためにも自分の体は健康状態を維持したいと思う妊婦の方は多いと思います。

 

簡単にできる対策方法として寝る前のテレビ・PC・スマートフォン・携帯・小説など脳に刺激を与える行動を控えることやカフェイン・アルコール・タバコの喫煙など睡眠を妨げる成分の摂取を控えることです。

 

また、最近では妊娠中の睡眠に悩みを抱える方に休息をサポートしてくれるサプリメントが流行っています。妊婦におすすめのサプリメントは下記の通りです。

 

スポンサードリンク

不眠症と妊娠初期・後期睡眠・不眠症ページ

産後の不眠症解消
出産後の不眠症解消・克服改善方法を紹介します。産後うつ、マタニティーブルー。
結婚後の不眠症
結婚後の夫婦の不眠症・睡眠障害について紹介します。