不眠症と夏バテ・風邪

夏の不眠症解消対策!夏バテ・風邪

になるとなぜか眠れなくなる方(不眠症)は多いようです。夏バテ・夏風邪が原因なのでは?と思っている人もいるようですが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

夏になるとむし暑くて眠れなかったり、夫婦だとエアコンの温度でもめる季節でもありますね。エアコンの温度設定が高いと暑くて眠りに集中できなかったり、途中で何度も目が覚めてしまいます。逆に夫婦の方方が極度の暑がりだと体が冷えて睡眠を妨げてしまうでしょう。

 

夏バテ・夏風邪

 

夏バテ・夏風邪で不眠症になってしまう原因は食欲低下によるモノだと考えられます。つまり、食欲低下→栄養不足へと悪い連鎖をしてまうのです。睡眠のために必要な食べ物をしっかり食べないことで睡眠の質は低下してしまうことはよくあることです。逆にグッスリ深い眠りにつき熟睡することで、食欲アップにも繋がります。最近では食欲が無い方におすすめなのが休息サポートサプリメントです。最近では睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの基になるトリプトファンが含まれている商品が多く販売されています。

 

暑くても窓を開けるのは避けるべき

 

6月、7月、8月の夏の季節や9月の残暑の時期はエコ対策で、寝る時に窓を開けて温度調整する方も多いようです。しかし、これは睡眠の質を下げることに繋がっているのです。騒音がストレスになったり、寝ている時の体温の変動が激しくなり、睡眠効果を下げてしまうことにつながる可能性があるからです。

 

また、エアコン嫌いの方で多いのは熱中症です。無理して熱いのを我慢するのは命の危険性もありますし、病気になるくらいだったら、エアコンなどで温度調整する方がよっぽどいいはずです。気になるようでしたら、2~3時間設定でタイマー設定するのも良心的方法です。

 

寝室の温度は25~26℃がおすすめ

 

人によって最適な温度は異なりますので、一概には言えませんが、夏の睡眠不足対策をするのであれば寝室の温度をエアコンなどで25~26℃に設定するのをおすすめします。(季節によって最適な寝室温度は異なります。)

 

また、快適な睡眠環境を求めるのであれば湿度にも気を付けるべきです。50%前後に保つように工夫しましょう。

 

夏は睡眠不足になりやすい

 

夏特融の季節的な不眠症を解消したいという方は多いのではないでしょうか?「夏だけ不眠症!」みたいな・・・

 

夏に眠れなくなってしまう理由として考えられるのは、体温調節が上手にできていないことが挙げられます。後、海・プールで日焼けで体を熱ると眠れなくなってしまう方もいるようです。

 

おすすめサプリメント

スポンサードリンク

夏の暑さと不眠睡眠・不眠症ページ

花粉症の睡眠不足対策
花粉症と睡眠障害・不眠症の関係を紹介します。睡眠不足解消対策、鼻づまり。
季節の変わり目
季節の変わり目と不眠症・睡眠障害の関係を紹介します。
冬の睡眠不足
冬の睡眠不足や不眠症・睡眠障害の解消方法。冬の季節限定の寝不足には入浴、運動。