眠れない原因はアルコールと飲酒

アルコールが睡眠の質を下げている?

 

実は不眠症対策として行われている手法で多いのが寝る前に飲酒するという方法です。

 

驚くことに不眠の症状のある人の解決策として、医療機関の治療・睡眠薬の服用を上回っているのが「寝酒」なのです。

 

寝る前に酒を飲むと本当に寝れるのか

 

精神的に不安定になったり、ストレスを抱えると睡眠の質が落ちます。これの対応としてアルコールの摂取は有効なのか?

 

適切な量であれば有効な方法になることがありますが、お酒が無いと夜寝れない体になってしまうリスクがあるので、あまりおすすめはできません。

 

寝酒のデメリットは

 

確かにお酒を摂取することで寝つきは良くなることが多いですが、眠りが浅くなる傾向があります。

 

お酒を大量に摂取してしまうと、夜中に頻尿になり、中途覚醒を繰り返してしまいます。

 

更に、最初は少量のアルコールで眠りにつくことができたのに、徐々に量を増やさないと眠れなくなるケースも多いです。

 

大量の摂取はアルコール依存中毒の原因の1つですので、デメリットと言えるでしょう。

 

飲酒しないと眠れない体はすでに不眠症になっている可能性が高いので、医師に相談するなどの対策が必要です。

 

どうしても寝る前にお酒を飲みたくなったらどうすれば良いですか

 

ナイトキャップのポイントとして、まず第一に酔わない程度でストップすることです。

 

飲みすぎることによって途中で目が覚めたり、快適な朝を迎えられなくなったら、悪循環の元です。

 

夜中に尿で起きないために少量で効果が出る、アルコールの高いお酒がおすすめです。

 

また、アルコールを飲んですぐに寝るのではなく、1時間程度開けてから寝床に入ると良いでしょう。

 

スポンサードリンク

不眠症の原因は飲酒・アルコール睡眠・不眠症ページ

タバコ・喫煙
不眠症の原因になるタバコの喫煙について紹介します。
歯ぎしり
歯ぎしりの原因と不眠症の関係。睡眠障害、ストレス、イライラ、マウスピース。
何度も目が覚める
途中で何度も目が覚める・起きる人の原因や中途覚醒と不眠症・睡眠障害との関係を紹介します。