不眠とカフェインの関係

寝る前にカフェインは睡眠のじゃまに?

 

よくコーヒ・お茶などのカフェインを含む飲料を寝る前に飲むと眠れなくなると言われていますが、これは本当なのでしょうか?

 

カフェインには人間が睡眠するために大きく関係するアデノシンを邪魔する作用があると言われています。

 

個人差はありますが、脳が覚醒してしまい、人によって一時的な入眠障害(なかなか眠れない)になることもあります。

 

さらに尿を早める作用(利尿作用)もあると言われていて、夜中の小便で起きてしまい中途覚醒してしまう原因になります。

 

カフェインによる脳の活発化の時間は人によって異なりますが、若年者で1~2時間程度、高齢者で2~4時間と言われています。

 

睡眠の質を求めるのであれば寝る前のカフェイン摂取は避けて、体が求めるのであれば、明るい日中に取るようにしましょう。

 

カフェインを含む飲料一覧

  1. コーヒ(特にドリップ・インスタント・エスプレッソ)
  2.  

  3. 紅茶
  4.  

  5. コカ・コーラ
  6.  

  7. マウンテンデュー
  8.  

  9. ココア
  10.  

  11. 緑茶
  12.  

  13. ほうじ茶
  14.  

  15. ウーロン茶
  16.  

  17. アップルティー
  18.  

  19. ミルクティー
  20.  

  21. 栄養ドリンク(種類による)

 

その他、カフェインを含む食べ物と言えばチョコレートなどがありますが、これもできるだけ就寝前は避けましょう。

 

また、ハーブティー・ほっとミルク・青汁などは睡眠の質を高める効果があると言われているので、不眠症の方は必見です。

スポンサードリンク

カフェイン睡眠・不眠症ページ

牛乳には睡眠効果がある?
牛乳の睡眠効果・不眠症解消の栄養成分について紹介します。トリプトファン、ビタミンB12、カルシウム。
ハーブティー
ハーブティーの不眠症解消効果・ストレス不安解消効果、カモミール、リンデン、ラベンダー、レモンバームなどの栄養を紹介します。
ホットミルク
ホットミルクの不眠症・睡眠効果について。ビタミンB12、トリプトファン、カルシウム、ホット(温かい)飲み物と睡眠の質の関係を紹介します。