花粉症時期の睡眠障害・不眠

花粉症の睡眠対策・寝不足解消

花粉症の時期になると不眠症・睡眠障害などで寝不足を訴える方が急増するようです。実は花粉症が一日に一番辛いと感じる時間帯というのが睡眠時間・寝床に就いている時間と言われています。鼻づまりで眠れなかったり、途中でき目が覚めてしまうなど花粉症の方にとっては日常茶飯事のようです。今日は花粉症時期の睡眠対策や不眠症解消方法について考えていきます。

 

鼻づまりが不眠症の原因

 

花粉症と睡眠の関係で一番関連しているのは鼻づまりだと思います。息継ぎや呼吸が困難になりますからね。睡眠を妨げてしまう原因になってしまいます。さらに呼吸がスムーズにできないと言うことはいびきの要因にもなりますね。自分のいびきの音量で起きてしまったり、家族に迷惑をかけてしまっていることに悩む方は多いようです。特にデリケートな女性は自分のいびきがストレスになってしまうケースも多いようです。

 

花粉症を悪化させる要因は睡眠不足

 

実は花粉症になると負のスパイラルが起きやすいと言われています。(花粉症→寝不足(不眠症・睡眠障害)→花粉症悪化→・・・)

 

不眠症になるとうつ病の発症率が一気に上がりますので、できれば悪い連鎖を止めたいところですね。花粉症の対策として下記の3つを気を付けることをおすすめします。

  1. 質の高い睡眠
  2.  

    寝不足によるストレス、疲労感、倦怠感は花粉症を悪化させる原因になると言われています。毎日一定の睡眠リズムを意識する他、深い眠りに付く、快眠・安眠の工夫をしましょう。最近では休息サポートサプリメントなどもネットで気軽に購入できるのでおすすめです。

     

  3. 適度な運動
  4.  

    運動不足は代謝・免疫力の低下に繋がります。体調を崩して花粉症を悪化させないためにも適度な運動を心がけましょう。

     

  5. 睡眠に良い栄養素の摂取
  6.  

    花粉症になると食欲がなくなる方も多いようです。その結果、栄養不足になり花粉症を悪化させてしまうことも・・・鼻づまりになると食べ物の味がよくわからないので食事が辛くなってしまう気持ちはわかりますが、栄養バランス良くとりましょう。

 

また、お酒(アルコール)・喫煙が悪影響を与えてしまうこともあるようですので、もし原因になっていると自覚があるようでしたらできるだけ控えましょう。

 

 

スポンサードリンク

花粉症の睡眠不足対策睡眠・不眠症ページ

夏の暑さと不眠
夏の暑さで睡眠不足・夏季限定の不眠症解消対策。夏バテ、夏風邪。
季節の変わり目
季節の変わり目と不眠症・睡眠障害の関係を紹介します。
冬の睡眠不足
冬の睡眠不足や不眠症・睡眠障害の解消方法。冬の季節限定の寝不足には入浴、運動。