不眠症と喫煙の関係

タバコと不眠症の関係

 

寝る前に喫煙すると睡眠効果が高まるって本当

 

よくタバコを吸う人で「気持ちが落ち着く」、「ストレス解消になる」などと喫煙するメリットを話す人がいます。

 

中にはタバコを吸うことで睡眠効果が上がると思っている喫煙者もいるくらいです。

 

しかし、これは実は大きな間違いです。就寝前にタバコを喫煙すると睡眠効果が下がります

 

タバコにはニコチンによる多数の作用があるのは皆さんご存知だと思います。

 

実はその中に脳を覚醒する作用があるのです。ニコチンは刺激が強く睡眠の質を下げるのです。

 

また、寝る前に禁煙グッズであるニコチンガムやニコチンパッチを利用するのも、寝つきが悪くなり、不眠症の原因になることがあるので注意が必要です。

 

寝る何時間前から吸わない方が良い

 

タバコが睡眠に悪影響ということが判明したところで、問題になるのは寝床に就く何時間前なら影響を与えないか?ということです。

 

確かなことは言えませんが、できれば寝る2時間前は喫煙を控えるべきだと思います。

 

タバコを吸う人は睡眠時間が少ないって本当

 

喫煙者はタバコを全く吸わない人に比べて、浅い眠りの時間が長くなる傾向があり、平均睡眠時間が短いようです。

 

不眠症の方は禁煙がおすすめ

 

喫煙者で不眠症に悩まれされいるのであれば、健康やあらゆる観点から禁煙をおすすめします。

 

しかし、いきなり禁煙しろと言われても、逆にストレスになってしまい不眠症を悪化させてしまうこともあります。

 

禁煙外来などを利用して少しずつ辞めていけば良いと思います。

スポンサードリンク

タバコ・喫煙睡眠・不眠症ページ

不眠症の原因は飲酒・アルコール
不眠症・睡眠障害の原因になる飲酒・アルコール摂取について紹介します。
歯ぎしり
歯ぎしりの原因と不眠症の関係。睡眠障害、ストレス、イライラ、マウスピース。
何度も目が覚める
途中で何度も目が覚める・起きる人の原因や中途覚醒と不眠症・睡眠障害との関係を紹介します。